素直が1番!~気付きの日記~

旦那様と娘3人と暮らす、普通の主婦が日々の生活で気づいたことを書きます。自分もキレイに、そして世の中の女性をキレイにしたい願望を叶えるため、楽しいことをどんどん実行していきます!

今朝の双子と私のバトルについて

今日はね、

 

朝からヒートアップしました(笑)

 

 

なんでそ〜なったかと言うと、、、

 

 

双子の1人が、起きてきてから、なーんか元気がない、、、、💧

 

いつもなら、さっさと着替えてさっさとご飯食べるのに、ずーっと服も着替えずに、ダラーーーってしてる。

 

なんでかなーと思って聞いてみても、なんにも答えてくれず。

 

まぁいいわーと、放置してたら、そのうち、シクシク泣き始めた( ̄▽ ̄;)

 

f:id:piyo173:20170922210109j:image

*ちなみに、うちの子ではありません。

 

もう、ほんと、めんどくさいですよねー💧

 

朝のクソ忙しい時間に、シクシク泣いて、しかも、なーんにも言わないんですもん。

 

そしたら、双子のもう1人が

 

 

「ズボン履くのがいややねん。たぶん。」

 

 

って、教えてくれて。

 

不思議と双子は、こういう時、相手の気持ちがわかるみたいで、朝起きてから一言も発してないのに、コソッと私に言いに来た。

 

まぁ、でも、は?って感じですよ。

 

その日は、学校でとうもろこしの収穫があるから、虫刺され防止のために、長袖長ズボンで来てくださいって連絡帳に書いてあったので、前の日から忘れないようにズボンも用意してあったのです。

 

なのに、、、、朝になって、泣く!?

 

はぁ!?(ꐦ°᷄д°᷅)→私の心の中(笑)

 

って感じですよ。

 

しかも、私にぎゅーっと抱きついてきて、うぇんうぇん泣きよるんですよ。

 

私も今日は仕事やし、まだ化粧の途中で、これから洗濯干したりご飯食べたりせなあかんのに、ズボン履きたくないぐらいで、付き合ってられない!!!!っていう気持ちがマックスになって、

 

「ええかげんにせんかーーーーい!」

 

と、どやしましたらね、

 

泣き声が、シクシクから、だんだんフォルテシモになってギャーギャー泣き始めて。

 

足もバタバタ、私のことをバシバシ叩いて、暴れ始めたわけです。

 

 

もう、こーなったら、私もキレッキレですよ。あ、悪い方のね。

 

「学校行きたないねんやったら、もう行かんでええ!!ズボン履くのがいやとか、マジわけわからんし!!!(*`Д´)ノ!!!」

 

とまぁ、決して、良い対応とは言えない行動を取ったんだけど。

 

でも、そっから、散々泣きわめいた後に、勝手に鼻水吹いて、勝手にパン焼いて、勝手に食べて、2人で登校していきました(笑)

 

まぁ、今日は、全然良いこと書けないんですけど(笑)→いつも良いこと書いてんのか!?

 

今までの私は、こんなキレてしまう自分に、めっちゃ罪悪感持ってたんですよ。

 

全然、いい母親ちゃうわー💧

 

もっと、優しく対応したあげたらよかったんちゃうかなー💧

 

共感能力0の母親やわー💧

 

あー、でも、私にはできひんわー💧

 

母親失格やわー、、、、→結局ここにたどり着く💧💧💧

 

 

でも、今は、怒ってええわって。

キレてもええわって。

怒ったって、キレタって

 

あの子を大事に思っとることは間違いない。

 

言い訳かもしれんけど。

 

だって、ちゃんと学校行ったし。

 

帰ってきたら、ケロッとして、とうもろこし収穫した話、してくるし。

 

あーーー、良かった良かった(笑)

 

こんな私が、こんな私で、母親やってええんよねーと、ほんと、最近は、しっくりきてます。

 

その感じが。

 

責めないで、いるわたしが、1番大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイク講座を開きました!

先日、お友達のお宅で、メイク講座を開催しました!

 

私は、メイクをするにあたって、女優さんのようなメイクだったり、プロの方が施すメイクができるようになる必要はなくて、今よりちょこっと、自分自身が「キレイになるんだ!」と決めて、日々を過ごすだけでも、全然違ってくると思っています。

 

なので、自分がキレイになることを許可して、キレイになるために行動することの一つとして、メイクがあっていいんじゃないかなぁと思っています。

 

で、今回ご参加頂いた方の中には、ほぼ、メイクをしないで毎日を過ごしてます!っていう方もいて、スッピンで過ごすことが悪いわけではないので、それはそれで全然いいんですが、メイクが苦手で、メイクしたくなくてしない、、、という状態がもったいないなぁ〜と思いました。

 

私はメイクをすることは、「その場にいる人のためのおもてなし」だと思っています。

 

顔は普段、自分の顔を見ることはできないですよね?鏡を使わない限り。人と話してても、自分の顔を見て話すことは出来ません。

 

なので、ぶっちゃけ、メイクって、自分では、したってしなくったって、関係ないんです。

 

じゃあ、なんで、メイクをするのか。

 

その場にいる人たちに、気分よく過ごしてもらうためのおもてなしなんです。

 

汚い人より、きれいな人と一緒にいた方が、幸せな気分になるし、嬉しいですよね?

オシャレもそうですけど、じぶんがどう思われるか、、、という目線よりも、相手の人に気分よく楽しく気持ちよく過ごしてもらうために、やれたらいいんじゃない?って思ってます。

 

もちろん、自分のためにするんですけど、自分で目に見えないからこそ、そんなふうに思って、メイクできたら、誰かを幸せにする要素が、メイクにはあるんじゃないかなーと思います。

 

前置きが長くなりました💧

 

今回、ビフォーの写真を撮り忘れて大失敗(笑)

 

アフターの写真だけ、はります!

 

f:id:piyo173:20170921224517j:image

f:id:piyo173:20170920143807j:image

 

目鼻立ちがハッキリしてる方なので、メイクをするとさらに美しさが際立ちます!

 

感想をいただきました!

「のりちゃん、昨日はありがとうございました!
メイクに対して持っていためんどくさい、ケバくなるというイメージが変わったよ。
そう言い訳をして、メイクをしていなかった自分を直視できた(^^;)

今までで一番素敵だなーって思えたメイクだったよ。できることから楽しむよ💕

思った以上にみーんな美しい〜!写真で見るとなお自然な感じ〜。

なんでなんで?すごいなのりちゃんのメイク講座。写真の撮り方も好みー❗️

私も魔法にかかったぞー♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪」

 

 

 

 

f:id:piyo173:20170920142548j:image

f:id:piyo173:20170920144230j:image

 

 

彼女はちょうど髪も伸ばしかけで、髪のお手入れにも困っている感じでした。少し髪を巻いてあげるだけで、雰囲気が変わりました。

 

感想をいただきました!

「楽しい一日になりましたー!!!
みんなが変わっていく姿もすごく素敵だった〜!
のりちゃんプロだわー💕と思ったよ💖
お化粧楽しみまーす!
ありがとうございましたっ!」

 

 

 

 

f:id:piyo173:20170920142955j:image

f:id:piyo173:20170920144216j:image

彼女はもともとのお肌がめちゃくちゃキレイで、うすーいファンデーションでも、こんなにステキに仕上がりました!

口紅やチークを何使えばいいかジプシーしていたようなので、私の使ってるものが参考になったみたいで良かったです。

 

感想いただきました

「私も楽しかったです〜!!
のりちゃん、遠いところありがとうございました💓
ずーっと何買えばいいかわからなかった💄問題が解決して、超スッキリしたよぉ✨笑
ブランドコスメになかなか手が出なかったけど、これを機に挑戦してみます🎶
次はファッションツアーも込みでやってほしい〜!!」

 

 

今回やってみて思ったんですが、やはり、メイクをすると、お洋服も変えたくなりますね〜!

今度は、メイク&お洋服チェンジ講座を開いてみたいなぁと思いました!

新たな発見です(*^^*)

 

アラフォーメイク講座、どこでも出張します!

ご要望、ご質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!

 

piyo173♡gmail.com

 

♡の部分を@に変えて送ってください。

 

 

 

愛ちゃんに嫉妬した話

 

 

先日、よかよか学院スタッフの石田愛ちゃんが、子供が壁に穴を開けた話をブログに書いたんだけど、、、

 


長男7歳が壁に穴を開けた話。

https://lineblog.me/namakemono_ai/archives/674555.html

 

  

この記事がね、すごーーーく反響があったみたいで、ランキングもいきなり5位とかになるし、Facebookのコメントもすごーくついてて、やっぱりみんなこういうこと気になるよねーと改めて思ったんだけど、、、、。

 

 


それと同時に、私の中で、湧き出てくることがあって。

それは、、、、、、

 

 


愛ちゃん、ええなぁ〜(T_T)

 


、、、まぁ、ちょっとした嫉妬のようなもの?が出てきた自分を発見しまして(笑)


そんな時、、、、、

 

 

 

仲間を応援するはずの存在の私が、、、なんで、こんな腹黒いこと考えちゃうんだぁー、、、、、(T_T)、、、愛ちゃんの記事が注目されたことを喜べない私は、最悪な奴だぁぁぁぁ、、、、(´θ`llll)

 

 


と、落ち込むとこなんですが(笑)

 

 

ちょっとその感情を分析してみました。

 


そもそも、なんで、うらやましかったかと言うと、、、

 


愛ちゃんの長男くんが、壁に穴を開けるより前に、私は高校生の長女と言い合いになってて、その時に壁に穴を開けちゃってたんですよね(; ꒪ㅿ꒪)💧

 

はい💧、、、あ、書いちゃった💧💧

 

 

お互いに気持ちがヒートアップして、取っ組み合いになって、、、娘に押し返された拍子に壁にぶつかって穴が、、、、💧→ありえへんでしょ!?

 


まぁ、愛ちゃん同様、めっちゃ落ち込みましたよ( ̄▽ ̄;)

 

ええ。

 

 

でも、わたし、そのこと、ブログに書けなかったんですよ。めっちゃネタなはずなのに(笑)

 

 

でね、愛ちゃんがブログに穴開けた時の話を書いた時に、私はなんで書けなかったんやろーって思って。

 


そしたらね、

 

いろいろな感情が出てきて。

 


なんか、こんなこと、ブログに書いちゃったらあかんかなー。
娘が恥ずかしいかなー。
いや、私も恥ずかしいわー💧
かっこ悪いって思われるかなー。
高校生の娘と取っ組み合いしてるなんて、笑われるやろなぁ、、、。

とか、いろいろ思っちゃって、、、

 

 

そしたら、書けなくて、、、

 

(でも娘に確認したわけじゃないから、結局は私が勝手にそう思ってるだけなんだけど(笑))

 

でも、気づいたんですよ。

 

それって、私なりに娘を守りたかったんだろうなぁって思ってね。


と同時に、自分のことも守りたかったんだろうなぁって気づいて。


ブログに書かないほうがいいんちゃうかなーって思う自分がいたんだなーって思った気持ちの中に、いろんな守りたいものがあったんだなーって。

 


そして、それもすべては私の愛やったんかなーって思ったんすよ。自分や娘に対するね。

 

 

でね、嫉妬した愛ちゃんに対しても、結局は、たくさんFacebookにコメントついてたやつを読んだらさ、


また私、、、泣けてきて(T_T)


その時に


みんなのコメントが、私に言ってくれてるような気持ちになって読んでて。


その中に書いてあったコメントが

どれもこれもめっちゃ刺さることたくさん書いてあって。


あぁ、愛ちゃんが代わりに書いてくれて、、、、、で、それについたコメントに励まされて、、、やっぱり、これは、嫉妬するところじゃなくて、ブログに書いてくれてありがとうなんだなぁって思えた。

 


はぁーーーー。ε-(´∀`*)

 


嫉妬で終わってたら、危うく、愛ちゃんとギクシャクするところだったわ💧(笑)

 


こんなふうに、出てくる感情を、そのまま受け入れてヨシヨシして、ちょっと客観的に見てあげると、ほんとの私の気持ちが出てくるんだよね。

 


だから、ネガティブな感情も、全部OKなんだなーって、改めて思いました。

 


それすらも、見つめていけば、ただの愛だったことに気づいたから。

 


一見ネガティブに見える感情も、出しちゃって認めちゃえば、ただの愛だとわかるよ(*^^*)

 

 

だから、いろんなあなたの感情を、ぜひ出しに来てね💕


↓↓↓↓


あり方スクール第5期

http://kokucheese.com/event/index/486929/

 

 

ひがしのばなな塾第2期

http://kokucheese.com/event/index/486877/

 


こんなブログ書いてる私に会いに来て(*^^*)

Mrsばななのリトミックと、のりこのフリートーク
https://www.facebook.com/events/1939454336326988/?ti=icl

 


よかよか学院はこんなこともやってます!
特典も付いてるステップメール、ぜひ登録してね!

講師自ら教えるありスク&ばなな塾
https://www.reservestock.jp/subscribe/77266

 


ありスク&ばなな塾スタッフのうとたんが、うとたんの奥さんで、ありスク&ばなな塾卒業生のゆきちゃんとイベントやるよー!

うとたんのマインドシップ&ゆきちゃんのゆきミック
https://www.facebook.com/events/1549675778409170/?ti=icl

怖いのその先を行く

先日、行われたサマースクール。

 

f:id:piyo173:20170830163441j:image

 

私は、初めて人前で話すことになっていた。

 

それが決まった時から、ずっと、怖くて怖くて、やりたくなくて、どうしていいかわからなくて、何度もやめようと思ったけど、でも、時間は否応なしに過ぎて、とうとう当日が来てしまい、、、、、。

 

前から人前で話したいって思ってた。

それが私の目標でもあった。

 

f:id:piyo173:20170830155337j:image

photo by いづみん

 

でも、実際にやってみたら、全然思ってるように喋れなくて、話せなくて、、、、、(TдT)

 

 

 

 

途中で、自分が何言ってるのかもわからなくなって、、、、|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

 

f:id:piyo173:20170830155405j:image

photo by いづみん

 

正直、、、、、

 

 

この場からダッシュで逃げたい!!!

 

 

って、何度も思ったwwwww

 

 

たった30分の枠だったのに、永遠か!?と思うほど長く感じて、頭の中が真っ白になった。

 

「じぶんとなかよし」になる方法を話してるのに、話してる私といえば、

 

 

まったく、

じぶんとなかよしできてない

状態www(;゚Д゚)!!!

 

 

今なら笑える(笑)

 

 

 

だけど、終わった直後は

 

涙が出て仕方なかった。

 

f:id:piyo173:20170830155441j:image

 なぜか、笑ってるばななwww    photo by いづみん

 

 

 

 

終わった時も、次の日も、めっちゃくちゃ落ち込んだ。

 

あぁ、なにやってんだ、わたし、、、って。

結局、何がしたかったんだ!?って。

自分で自分にツッコミまくり。

 

 

そんな時、サマースクールに参加してくれたNちゃんが、私にLINEをくれてこんなこと書いてくれた。

 

f:id:piyo173:20170830160115j:image

 

 

もう、これ読んだ時、号泣してしまって、、、、、。

 

あんなに自分ではダメだと、、、、なにひとつ言いたいことがきちんと言えなかったと、、、、思ってたのに、ノートまで取ってくれて、旦那さんにまで話してくれてて、なんてこった、、、、めっちゃくちゃ嬉しいじゃん😭😭😭

 

って、もう鼻水垂らして泣いてしまって。

 

ありがたいよね。

仲間って。

こんなヘタレな私でも、見てくれてる仲間がいて。

いつもさり気なく応援してくれてる。

 

 

落ち込んでる自分を、掘り下げて見つめてみたら、、、、、

 

いろいろでてきた。

 

 

たくさんの人前で話すことがしたい訳じゃなかったみたい。わたし。

 

もっと、人と近づいて、近い距離で相手の話も聞きながら、相手の反応を間近で感じながら、話したいのかなーって。

 

じぶんとなかよしという理論は、結局のところ、あり方スクールや、ばなな塾でいうところの、見方と聞き方の結婚のことで、自分を客観視するという最大の共通点があることを、もっと話したいんだよなーと。

 

そしてなにより、私が経験した、私だけの話をしたいんだなーっていう、じぶんのモヤモヤした気持ちから、いろんな感情を発見しました。

 

もう、二度と人前で話すもんかと思ったけど(笑)

 

また、機会があれば、じぶんとなかよし~自分科ミックス~として、やってみたいな。

 

へこんだ私を、さり気なく、温かく、励ましてくれたNちゃん、ありがとう〜😭

 

Nちゃんは、私をはげますつもりなんて、きっとなかったと思うけど、あなたのくれた言葉は私に大きな「それでいい」をくれました。

 

本当にありがとう✨✨✨

 

怖いのその先をやってみるのは、本当に未知の世界で、何が起きるのやら分からず、まるで、ブラックボックスに足を踏み入れるかのような恐怖でいっぱいだけど

 

でも、思い切ってやってみたら、「次」が見えてくるね。

 

怖いのその先には

 

案外と楽しみが待ってるのかも、、、

 

と、思ったよ(*^^*)

 

f:id:piyo173:20170830163459j:image

photo by いづみん

 

 

 

 

    🍌🍌🍌〜緊急告知〜🍌🍌🍌

       ひがしのばなな塾 第2期    

       開催日程決定しました!!

              

                第一回:10月22日(日)
                第二回:11月19日(日)
                第三回:12月10日(日)
                第四回: 1月28日(日)

 

                    ※詳細は後日!

 

よかよか学院ホームページ

 

よかよか学院 へようこそ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての体験

久々の更新です。

 

先日、Mrsばななのリトミック&ばななせんせいの読まないで書く読書感想文講座に行ってきました!!!

 

午前中はMrsばななのリトミックで、大人も子供みたいになれる時間で、子供はもちろん子供のままでいられる時間でした。

f:id:piyo173:20170818165216j:image

リトミックスイッチを持ってるMrsばなな💕

 

 

 

 

 

 

 

写真は情感フォトグラファーいづみんつきのしずく💕

 

f:id:piyo173:20170818160321j:image

うさぎになって自己紹介(笑)

 

 

 

 

 

f:id:piyo173:20170818160333j:image

私もノリノリwww

 

 

 

 

 

f:id:piyo173:20170818160821j:image

背中くっつけて合体!!!

 

 

 

 

 

f:id:piyo173:20170818160849j:image

大人も身体を動かして楽しい😊→決してふざけてませんwww

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで最後は定番の、絵本の読み聞かせ

 

f:id:piyo173:20170818165201j:image

 かぶりつきで聞くwww

 

 

 

 

で、午後からは

「読まないで書く読書感想文講座」

です!

 

読まないで書くってどうなん?

そんなんありえるん?

 

って思うじゃないですかー(笑)

 

とりあえず子供たちのために……と思って参加したんですが……。

 

予想に反してというか、ある意味予想通りだったんですが、当の子供たちは読書感想文書くの……つまんないわ……って言い出す始末www

 

んで、ちゃっちゃと遊び出すという……💧

( ̄▽ ̄;)

 

イライラする気持ちを抑えつつ(笑)

私はというと………………

 

ワークの後に、読書感想文をさっさと書き終え、これまた、まさかの!!!!

 

 

 

爆睡!!!!!!www

 

信じられないですよね!?

お金払ってきてるのに、爆睡って……💧

 

ってか、それ以上に、主催の人に申し訳ないとか、講師のばななせんせいにも悪いなぁとか、今から考えたらめっちゃいろいろ思うんですけど、寝てもうたんですよ。わたし。

 

そして、みんなが書いた読書感想文を発表する前に目が覚めて、せんせいに言われたことが

 

「寝れたあなたを見て嬉しかったです」

 

…………………………

 

はぁ!?( ̄▽ ̄;)

 

寝たんですよ、はい。

あなたの講座で(笑)

ありスクや、ばなな塾のスタッフしてる、この私がですよ。

寝ちゃったのに、嬉しいってどうゆうことですか!?

 

って、思いません!?( ゚Д゚)

 

でも、どうやら私は、いつも張り詰めてて緊張してて、しっかりしようとして頑張ってたらしくて、こんな寝てるあなたを見たのは初めてなので、嬉しくなったっていうことらしいです。

 

講座きて、寝てて、喜ばれるって、どうゆうことですか!?って思ったけど、言われてみたら確かに今まで、1番やったらあかんことをやってしまったと思ってたので、ちょっとした罪悪感があったんだけど(笑)

 

あ〜💧昨日やることいろいろ遅かったからかなーとか、もっと今日のこと考えて、早く寝ればよかったーとか、いろいろ思った💧

 

それにしても、寝てもほめられるとか、人生で初めてすぎてちょっとしたパニックでしたよ(笑)(笑)

 

でも、そんな私でもええんやなーと、こんなんでもええんやなーと、ちゃんとしなくてええんやなーって、改めて言ってもらえた気がして、ぶっちゃけ、読書感想文とかどうでも良くなってしまって(笑)(笑)(笑)

 

f:id:piyo173:20170818180411j:image

こんな顔で見守ってくれてたらしい(笑)

 

 

 

だって、今まで生きてきた中で、1番NGやと思ってたことを、私がやってしまっても、許してもらえて、そしたら、もし、これから先、私のNGをやってる人が私の前に現れても、きっと許せると思うんだ。

 

だって、私も許してもらえたから。

 

ちゃんとしてもいいし、ちゃんとしなくてもいい。

 

しんどくならないように、生きたらいい。

 

そんなことを、改めて知れた日でした。

 

 

もちろん、読書感想文を書くことを通して、また新たな自分を発見しましたよ(笑)

 

私は、読書感想文を書く時、前もってこんなことが書きたいっていう前提が先にあって、その書きたいことを書ける本を探してから書くことがわかって。

 

本を選ぶ時から、知ってる本か知らない本か選ぶのに、知らない本でも良かったんだけど、もう、頭の中に、「これが書きたい!」があって。

その書きたいことがかける本を選びました。

 

人生もそんなふうに、これやりたい!と決めてから進むといいのかもなぁとぼんやり思ったり。

 

あとは、しんどくなったら、休んでから(寝てから?)もう1度やると、上手くいきますよって言われて。

 

あーーー、休むってキーワードだなーってのも感じて。

 

私、人よりエネルギー出せる量が少ないので、めちゃくちゃ人より睡眠とか休息が必要な身体なんですけど、それがすごく自分ではダメなとこだと思ってました。

 

睡眠が少なくても、動ける人とか、元気でいられる人とか、ひと月の稼働日がたくさんの人がうらやましくて、でも、私にはできなくて💧

 

すごくそんなところにも、自分にダメ出ししてたので、寝ていいんだー、休んでから動くでいいんだーって思いました。

 

みんながみんな同じだったら、怖いよね(笑)

 

ま、結局のところ、こんな私でもええんやなーってOKをもらいに行ったような1日になりました(*^^*)

 

長いのに 最後まで 読んでいただいて、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の中の承認欲求を悪だと思ってた件

ここ1週間ぐらいで、すごくスッキリしたことがありました。

 

この気付きを忘れないうちにブログに書いておこうと思います。

 

 

私は、昔から、何をやっても「欠乏感」が無くならず、ずっと生きてる心地がしないで生きてきました。

生まれた時から、子供心に「なぜ生まれてきたのか、なぜ生きてるのか、なぜ生きなきゃいけないのか、死んだらどうなるのか」そんなことばっかり考えてる変な子供でした。

 

そんなだから、何をやっても満足感や充足感が無く、いつも「足りない楽しくない」っていう気持ちに支配されて、どんどん生きてることが辛くなりました。

 

中2の時に初めて真剣に「死にたい」と思い、このままではダメだと思って、親元を離れて寮に入りました。

 

けど、そんなことをしても、結局足りない何かが埋まることがなく、長い鬱生活に入りました。10年ほど真っ暗なトンネルの中を生きてきて、20代後半に旦那と出会い、生まれて初めて「生きてる実感」というものを味わうことができました。

 

なので、底なし沼から引き上げてくれた旦那さんには、本当に感謝しています。

 

しかし、生きてる実感を味わうことはできても、自分が何をやってる時が楽しいのか、どうしたら充足感が味わえるのか、全くわからず生きてきました。
だから、子育ても苦しかったし、旦那さんとの夫婦関係もとても辛かった。

「楽しい!」とか「満たされた!」という感覚が、なかなか味わえなかったから。

 

しんどい……つらい……めんどくさい……そんな感情ばかり出てくるので、ずっと何をしても苦しかった。

 

なんどもなんどもすべてをやめたいと思った。

 

今でも、メイクをやっても、カメラをやっても、なんとなく、ほんとにこれが私のやりたいことなのか、わからなくなっていました。

 

だから、ずっと、「私は一体何をしたら満たされるのか?」とか、「逆にどうしてこんなにも何をやっても満たされないのか?」など、ずっとずっと考えていました。

 

でも、この歳になって、やっと、それが見つからないカラクリに気づきました。

 

今の私の全ての行動は、人の賞賛や、、承認がないと、動けない、やれない、もっと言うと、それがないと生きていくこともできない人間だったのだということに、気づいちゃったんです!

 

気づいちゃった気づいちゃった!わーいわい!

 

f:id:piyo173:20170709134112j:image

 

wwwww

知ってる人は、知っている(笑)

 

 

でも、いままで、私はこんな承認欲求が自分にあることを、認めてきませんでした。そんなものが私の中にチラッとでも見えようもんなら、悪だーーー!お前なんかあっちいけー!!!と思ってました。なくそうなくそうと必死でした。

 

だって、この歳になって、まだ子供みたいに「認めてほしい」とかおかしくね?って思いません?頭おかしいですよ。子供じゃないんだから。って言いたくなりますよね?

 

でも、私の行動の根源はこの「認めてほしい」があるから逆に動けるんです。やれるんです。

食事一つにしても、家族がいるから作れるんです。私の場合。

 

自分のためだけに食事なんて作れません。レトルトやインスタントで十分です。なにもする気になりません。

 

一人暮らしで、きちんと自分に手をかけて、料理をしてる人を見ると、本当に凄いなぁと思います。私は、お腹がふくれたらそれでいいですもん。それより、めんどくさいの方が絶対に勝ちますから。

 

だから、家族に改めて感謝だなーと、このことを通してもわかります。だって、1人だったら廃人になってます(笑)確実に。何一つできないから。誰かに「美味しい!」とか「また作ってー!」って言われるから、料理できるし、片付けもできる。誰かが、「気持ちいいね!」って言ってくれるから掃除もできる。1人だったら絶対にやりません。

 

あーーー、だから、ゴミ屋敷の人は、承認欲求があって、1人だとほめてもらえないからやる気が出なくて動けないのかなー!って、ちょっと思いました。

私も1人だったらゴミ屋敷に絶対なるよなーという確信がありますもん。

 

でも、そもそも、私って、ほんとに、認めてもらったり、褒めてもらったりしてこなかったんやろうか?って疑問に感じました。

 

そりゃ、私は小さい頃は、普通の子供だったのだろうけど、家庭環境のせいか、私の性格のせいか、わかりませんが、認めてもらったり褒めてもらうことが少なかったですよ。

親に褒めてもらった記憶がほとんどありません。だからって、この歳になってもまだ「足りない」と思うのは、ちょっとおかしいですよね?

 

親に褒めてもらう機会が少なかったとしても、ゼロでは無かったはずです。

けど、たぶん、親に「褒めて欲しい時に」褒めてもらえず→ここポイント!、いろいろこじらせてしまった私は、「褒めてもらう価値のない人間なんだ」と思ってしまったみたいです。

 


そんなふうに私が「私は人に褒めてもらったり認めてもらったりする価値のない人間だ」と思ってしまったために、誰かが褒めてくれたり認めてくれることがあっても、「あーーこの人は嘘ついてるわー」「本音と建前の建前を言うてはるんやわー」「偽善者やわー」と、せっかくわたしを褒めてくれてるのにも関わらず、相手を嘘つきだと決めつけて、悪者に仕立てあげてたんですよね。

 

だから、私は建前を言う人や、本音を言わない人、社交辞令ばかり言ってそうな人、嘘つく人が大っ嫌いでした。裏と表がある人も、ほんとイヤでした。ここで、そのことも繋がったわけです。だーかーらーかーーーってね。

 

あぁーーー、ここらへんから、思いっきり勘違い人生を送ることになったんですね〜💧

 

褒めてくれてるのに褒めてもらえてない→私は褒めてもらう価値がない→たがら満たされない→褒めてくれてるのに相手は嘘つきだ!と悪者認定(笑)→ひねくれる→拗ねる→前よりもっとほめてもらえない→拗ねる→もっともっと褒めてもらえない、むしろけなされる(笑)→落ち込む、そして相手を攻撃する→嫌われる……エンドレス(笑)

 

いくらでも書けるwwww

 

こんなサイクルの中で、生きてたんだなーーって。

 

そりゃしんどいわ。

 

 

気づいた今は、笑えるぐらい、自分にツッコミたくなるけど(笑)

 

なので!!!!!!

 

 

これからは、「自分は認められる存在で褒められていい」「褒めてほしい自分がいる」「承認欲求があることは悪いことではない!」

 

と、考え方を変換してみようと思います。

 

そんなふうに思っていた時、双子の片方がね

 

「みーちゃん、すごいねー!って褒めてもらったらすごくうれしいんだー💕💕💕」と、私と手を握って歩いてる時に、つぶやきました。

 

あぁ、そうだよねーーーって。

人はみな、褒めてほしい生き物だよねーーーって。

褒めて欲しくない人間はいないよねーーーって。

 

でも、私はそれを受け取ろうとせずに、突っぱねて生きてきたんだなーーーって思ったら、こらからは、どんどん子供たちみたいに「ほめてーーーーー!」って言えばいいんだーーー!って、素直に思いました。

 

褒めて欲しいのに、それを隠して、ポーカーフェイスして、そんなの欲しいフリすらしなかったら、誰も褒めてくれません。そして、今までは相手が褒めてくれなかったら、勝手に怒ってたわけですよ(笑)「なんで褒めてくれないの!?こんなにやってるのに!!!!頑張ってるのに!!!!!!」

 

ってね(笑)

 

あーーー、あほらし。コントやーー。

これで、加害者と被害者の出来上がりですよ(笑)

そんなことを、40年近くかけて、やってきた訳です。わたし。

 

 

いままでは、、褒めてほしいという気持ちを抱くことが、そもそもダメなことだと思っていました。それさえ無かったら……承認欲求さえ消えてしまえば、こんな苦しい思いしなくて済むのに……、そう思ってました。

 

でも、断言します!!!!!!

 

「認めてほしい!」「褒めてほしい!!」

 

っていう欲求は、大なり小なりありますが、勝手に消えることはありません(笑)

 

誰かに思いっきり認めてもらって、褒めてもらって、そして、それを自分で受け取って、初めて完了するんです!!!!!

 

だから、私はこれから、「ほめて!ほめて!みとめて!!みとめて!」って言うことにします(笑)

 

みんなも絶対にあるでしょう!?( ̄▽ ̄)ニヤリッ

そんな承認欲求の一つや二つ(笑)

 

Facebookにいいね!ほしいでしょーー!?

自分がやったこと、すげー!!!!って言ってほしいやん!?

でなきゃ、こんなに、SNSが流行るわけがないwwwww

 

この世は、承認して欲しい人だらけです(笑)私も含めて(笑)

 

なので、認めて欲しい人、この指止まれ!

 

私も、このあり方スクールで、人生で初めて、「どんな私でも大丈夫」

 って言ってもらいました。

 

それはそれは、衝撃的な出来事でした。

 

そんな体験をあなたにもしてほしいです。

 

ありかたスクール転校生募集中です!


あり方スクール | よかよか学院へようこそ

 

 

ひがしのばなな塾(次期開催をお待ちください)

 

ひがしの ばなな塾 | よかよか学院へようこそ

 

 

 よかよか学院は、全力であなたのことを承認します。

よかよか学院へようこそ

 

 

 

告知の動機について悩んだ件

私は今、ありかたスクールとばなな塾のスタッフをやらせてもらってます。

詳しくはこちら↓

 

ありかたスクール

arikataschool-banana.amebaownd.com

 

 

ひがしのばなな塾

arikataschool-banana.amebaownd.com

 

 

で、たくさんの人にこの存在を知ってほしいと、すごく思うんです。

私自身も、ありスクに通わせてもらって急激に人生が変動しましたから。

だけど、人に知ってもらう動機に、ここんとこすごく悩んでました。

誰かを助けたいとかひとりでも多くのお母さんに、楽になってほしい、育児の苦労とかパートナーとの関係に悩んでるなら、そこから脱出するきっかけになってほしい、とかいろいろ思うところがあったわけです。

 

けど、そんな動機だと、悩んでる人が自分の周りに寄ってくるし、苦労してる人がやってくるのですよね。だから、そんな理由で活動しちゃいけないっても思うわけです。

 

そうすると、私にとって、この活動や、こういう場を広める動機って何なんだろう・・・・・・って、考えたら頭が真っ白になっちゃって。

 

そしたら、ありスクやばなな塾って楽しいところなんだよって宣伝すればいいじゃん!実際そうなんだし、とか思ったのだけど、ありスクやばなな塾って楽しいだけじゃないよなぁと。

 

やっぱり自分と向き合ったり、家族と向き合ったりするわけだから、それなりに悩んだりもするし、今まで知らなかった自分を発見して多少なりとも苦しい時もあったりするんだよね。

 

だから、ただ楽しい!ってだけの動機で告知したくないし来てもらっても困る、、、という自分がいたんです。

 

結果的に誰かを助けることになったとしても、誰かを助けるために告知しにない。だとしたら、なんて声をかけたらいいんだろう・・・、って考えた先に、「私はなにがしたくて、こんなことをやってるのか」っていうような自分に対する疑問まで出てきましてね。

 

今まで直観とスピードで生きてきた私にとって、そういう動機や大義名分って必要ないと思ってたけど、ここの熱い部分がないと急に動けなくなるんだ・・・・と、改めて自分の知らなかった自分を知った。

 

まぁそれは副産物的なものなので、核心ではないのだけど、この動機とやらがわからなくなった私は、めっちゃ落ち込んだし急にやる気がなくなっちゃって。テンションダダ下がりですよ。はい。

 

んで、ぐちゃぐちゃした私は、あるスタッフにその悩みをぶつけてみた。

 

「告知する動機とか誘う理由とか、はたまた自分が何でこんな活動してるのか、理由がわからなくなった~( ;∀;)」

 

 

そしたら

 

 

スタッフAちゃん

「のりちゃんは、ありスク三回も来て、楽しい思い出ないの~?」

「つらいだけだと、三回も来れないでしょ~?」

 

って聞かれて

 

「ありスク自体が楽しいというより、仲間ができたことが最大のご褒美だった。」

 

スタッフAちゃん

「それいいじゃん!!これから来る人にはそれを売りにしてあげたらいいじゃん!」

 

って言われた時に、

 

あっそうかーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!

 

って、血管が開いたような感じがして。

 

すごーーーーーーく、それでええやん!って思った。

 

私はずっと、孤独だった。

 

長女を妊娠、出産した時も、双子を産んだ時も、世の中の情報と自分の体験してる内容が全然違ってて、育児本になんか何の役にも立たなくて。

 

 

どんどん苦しくなって、どうしていいか分かんなくて、誰に相談していいのかも分からなくて。

 

転勤族だったから友達もなかなか出来なくて、周りにいるママさん達は、私みたいに苦しんでるようには見えなくて、すげー楽しく育児してるように見えて、私だけが苦しんでるように思えて、惨めで情けなくて、何度も何度も泣きながら子育てしてきた。

 

そんな孤独の中で、ありスクという場は、私に「仲間」を与えてくれた。

 

なんでも話せる友達。

 

どんな私でもいいよって言ってくれる仲間。

 

泣いても笑っても、失敗しても、へこんでも、怒っても、キレても、悩んでも、愚痴っても、どんな私を出しても、ダメって言わない人達。

 

そんな人達に、いままで40年以上生きてきて、出会ったことなかった。

 

親にだって、どんな私でも大丈夫じゃないと言われてきたのに、赤の他人の人達が、私のことを承認してくれる。

 

そんな絶対的な「どんな自分を出してもいい場所」「どんな自分を出しても受け入れてくれる人達」に出会えたことで、私は安心して生きていくことができるようになった。

 

そんな場所に、どうか、出会ってほしい。

一人でも多くの人に。

 

そんな仲間に、どうか、出会ってほしい。

一人でも多くのお母さんに。

 

あなたは、ひとりじゃないよ。

 

ぜったいに!

 

それを、伝えたくて、やってたんだ。わたし。

 

そんな、たくさんのものをもらった「ありスクという場」に、恩返ししたいのだ。

 

それだけなのだ。

 

 

 

だから、告知もするし、宣伝もするよ。

 

孤独な人を集めたいわけじゃないけど、そんな素敵な仲間に出会えるところなんだよっっ!って、全力で伝えたい。

 

子育ては、ひとりでしちゃいけないんだ。

 

たくさんの、「それでいい」を見つけに来てください。

 

 

 

ありスク4期、参加者募集中!→ありかたスクール4期 お申込みフォーム

 

 

ばなな塾、転校生募集中!→「ひがしのばなな塾 第一期」 お申し込みフォーム