友だち追加

素直が1番!~気付きの日記~

旦那様と娘3人と暮らす、普通の主婦が日々の生活で気づいたことを書きます。自分もキレイに、そして世の中の女性をキレイにしたい願望を叶えるため、楽しいことをどんどん実行していきます!

双子を平等に育てることへのこだわり

毎日、乾燥しまくりで、唇がカッサカサになるんですけど、、、。゚(゚´Д`゚)゚。

 

なのに、こまめにリップクリーム塗るの忘れて、つい唇が割れちゃう、実は女子力低めのわたし、、、( ̄▽ ̄;)

 

 

今日のブログも、双子ネタで。

 

 

双子が幼稚園に行ってた時、通ってた幼稚園は給食がなかったので、毎日お弁当を作っていました。

 

で、もちろん二人分の弁当を作るわけですが。

 

この頃、私の意識はというと

 

「双子を平等に育てなければならない」 

 

という考えに支配されていました。

 

たった一分違いで生まれてきただけの二人なんだから、差をつけたり、違うことをしたらダメだと思い込んでました。

 

声かけや、習い事、やることすべて、同じようにしないと、平等じゃなくなる!って思ってました。ってか、裏を返せば、同時に生まれてきた二人だから、平等に育てなければならないという、アホみたいな思い込みがあったんです。

 

兄弟や姉妹は、年が違うってだけで、もう既に違いがあり、育てる側である親も一年前二年前の自分と今の自分は違うし、昔は分からなかったことも今の自分ならわかる事があったりして、親の方も成長してるんだから、違って当然だと思う反面、

 

双子は、同じ時期に同じように育てることが可能なんだから、極力、同じ環境で同じ言葉かけをして、育てられる、、、、いや、育てなきゃいけないと思ったんですよねー。

 

いやーーーーー、今から考えると、ほんま、笑える(。 >艸<)

 

イタい!!!!

 

けど、昔は大真面目に、ほんとにそう思ってたんですよ。

 

違いをつけるとか、同じじゃないことをするってことは、双子なのにかわいそうなことだと思ってました。

双子なのに、平等じゃないってことは、親が一番やったらあかんことやと。

 

 

なので、食べさせるもの一つとっても、同じにしなきゃと思い込んでたので、二人のお弁当も同じ量になるように、毎朝、重さをg単位で計って作ってたんですよねー!!!!!!!

 

頭おかしいでしょ!?(笑)

 

 

けど、これもほんと大真面目にやってたんよ。

 

 

けどね、これがまた、精神的に負担で負担で、、、

( ̄▽ ̄;)

 

同じにしなきゃという、へんな強迫観念が、だんだん私を苦しめはじめまして、そこから少しづつお弁当作るのが嫌になっていくわけです。

 

こうなってくると本末転倒で(笑)

 

双子のために、彼女たちのことが大事で大切やから、平等になるようにとやり始めたことが、結局、苦しくなってしまっってしんどくなるなんて、おかしな話で。

 

苦しくなってきて初めて、「同じにするってそんなに大事なことなんか!?」って改めて考えるようになったんです。

 

双子やからって、なにもかも同じでないとあかんなんて、おかしいよなーと。

 

だって、同時に生まれてきたっていうだけで、ただそれだけで、それぞれ別々の人間で、考え方も見方も聞き方も違うのに、全部同じにするとか無理やんって。

 

 

 そんなことを、考え始めた頃、双子を見てて面白い発見が、、、、、。

 

ある日、双子を叱っていた時のこと。

 

 

ふたりを座らせて、わたし、わーわー叱ってましたの。なにに怒ってたかは忘れちゃいましたが(笑)→サイテーですな(笑)

 

 

 

 で、、、、、、、

 

 

二人の様子を見てたら、、、、、

 

 

一人はめっちゃ真面目に涙を浮かべそうな勢いで、私の話を聞いてる。

 

けど、もう一人はというと、、、、、

 

ぜっんぜん私の話なんて聞いてない(笑)

なんなら、早く私の話、終わらんかなーぐらいな感じでケロッとしてる。

全然、堪えてない、、、、、、orz

 

 

この二人の違いを見た時に、

 

 

「あぁぁぁ、、、、、

二人は違うんや、、、、、、。」

 

 

 

って、心の底から、ずしーーーーーんときて。

 

 

こんな今から考えたら、めっちゃ当たり前なことにあの頃は気づいてなくて、ほんとショックというか、私にとっては大きな気づきでした。

 

 

例えば、私がどんなに汚い言葉を使って怒ったとしても、二人の受け取り方は違うんだろうなぁって。

 

もちろん、二人とも傷つくとは思うんだけど、傷つき方の度合いとか、私の言葉の聞き方は全然違うんだろうなぁと思ったんです。

 

だからといって、何を言ってもいいって事を言いたいわけじゃなくて。

 

私の責任じゃないことが、大いにあるなーって。

 

うまく説明出来ないんだけど、、、、、

 

逆にね、こちらがどんなに言葉を尽くして、ちゃんと伝わるように、傷つかないように、誠意を持って接したとしても、相手は、自分の聞き方でしか受け取らないから、傷つく時は傷つくわけだと。

 

さっきの双子みたいに、同じ言葉をかけてるのに、めっちゃ泣いて、「ママ怖い😱」って思う子もいれば、ケロッとして「早う終わらんかなー」って思う子もいる。

 

 

これって、もう、私の手に負えることじゃないっていうか、私の責任の範囲を超えてる気がしてね。

 

 

それまでの私は、子育ての全ての責任は自分にあって、子供がこれから先どうなるかは、全部わたしにかかってる!って思ってました。

 

だから、お弁当も同じ重さにしなきゃと思ってたし、不平等にして双子が不満を持ったら、それはすべて私の責任やし、なるべくそうならないように努力しなきゃと。

 

 

けど、二人の感じ方、受け取り方が違うことが、同じように育てた双子でも起こるんだとわかった時、こんなの親の責任でも何でもないわと。

 

言いたいことを言って、伝えたいことを伝えたその先は、私の責任の及ばない何かの力が働いて、作用するんだと。

 

これまた素粒子の話にも繋がるんだろうけど、自分の発する言葉のエネルギーみたいなものが、相手にも伝わると思うから、全く影響が無いとかそんなふうには思いません。

 

ただ、なにか行動を起こしたあとや、言葉を発したあとのことは、もう、どうすることもできないし、どう受け取られるかは、こちら側の問題ではないんだなーって、つくづく思ったわけです。

 

そこからは、二人を同じにしなきゃと一生懸命やることはなくなり、お好きにどうぞと思えるようになりました。(といっても、服に関しては私のこだわりで小さい間は同じ服を着させたいと思ってますが(笑)) 

 

 

私にとって、ほぼ同時に生まれて、同じ声かけをし、同じものを食べさせ、同じように育てても、結果が違う(違う反応をされる)という事実は、私の心をすごく救ってくれました。

 

すべて、なにもかも、母親の責任だと思っていたけど、そうちゃうやん!受け取り手の違いがあって、私のやったことに対する結果は、人によって違うんだ!という事実は、育児をしていく上でも、人として生きていく上でも、めちゃくちゃ大きな発見でした。

 

 

すべては、私次第で、子供の人生は私の一挙手一投足に決まってるんだ!という思い込みを、完全に崩してくれましたから。

 

だから、世の中のお母さんをしてる人に、全力で言いたいんです。

 

 

「子供がそんなふうになってるの、あなたのせいだけどあなたのせいじゃないよー!!!!!」

 

って。(笑)

 

 

完全にあなたのせいじゃなくても、ちょびっとはあなたの影響受けてるから、0じゃないとこがミソなんだけどね(笑)

 

そのへんのカラクリは、また次回にでも。

 

 

 今日も長いのを読んでくださってありがとうございました!!!!

 

 

*****************

 


LINE@始めました!!!
良かったら登録してください(*^^*)
イベントの告知もブログ更新もこちらでいち早くお知らせします!!

LINE Add Friend

 

こんな私に会いに来てください💕

先送りできない!素敵に輝くあなたに出会う美メイク講座(横浜編)

https://www.facebook.com/events/1536193683124388/?ti=icl


【満員御礼】たこ焼きbar~新年おめでとうVer.〜
https://www.facebook.com/events/2014241268789415/?ti=icl

 

すっぴん女子の今さら聞けないメイク講座(南町田編)残席3!!!

https://www.facebook.com/events/164998987562644/?ti=icl

 

すっぴん女子の今さら聞けないメイク講座(埼玉編)残席2!!!

https://www.facebook.com/events/354287828377848/?ti=icl